アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日本代表」のブログ記事

みんなの「日本代表」ブログ


アジアカップ2011決勝戦 オーストラリアvs日本@ドーハ・カタール

2011/01/31 06:30
2011年1月25日(火)日韓戦で劇的なPK戦での勝利を決めた日、
決勝戦の観戦を決心した。これを見逃してはいけないと。

飛行機、ホテル、観戦チケットと一気に手配し、
28日(金)仕事後ヒースローに直行。
20:30発のカタール航空2便に
乗り込んだ。カタールドーハまで直行便で7時間弱のフライト。

早朝6時既に晴れ渡った快晴のドーハ国際空港に着陸。
ホテルに7時に着くも、当然のことながらチェックインできず、
かといって世界一退屈な都市といわれるドーハの土曜日の早朝に
行く当ても無く、フロントロビーで3時間近く時間つぶし。

その後10時過ぎから近くの海岸コールニッシュを散歩し、
お昼頃チェックインして、現地合流した観戦と仲間たちとともに、
決戦の地、ハリファ・スタジアムにタクシーで向かった。

ドーハの人たちは、親日的でオーストラリアはアジアじゃないから、
既に日本がアジアNO.1だと言われた。
とはいえ、ならば尚更完全勝利といきたい。

キックオフ2時間前。準決勝までとは打って変わって、
地元の人たちもたくさん観戦に来ていた。
そのせいで、チケット持ってない人含め、入り口あたりが大混乱し、
一時入場を制限。騒然とする事態となった。
こんなことで11年後は大丈夫なのだろうか。
その後どうにか入場でき、日本サポーターたちが陣取る
バックスタンドに合流。

運命の瞬間を静かに待った。
18:00日本ボールでキックオフ。
試合内容はリンクに譲るが、
オーストラリアのかたくななまでに放り込むサッカーは、
なんともつまらないが、日本も高い壁を崩すことができずに
試合は膠着状態。
地元の観客は、暇になったのか、ウェーブを始める始末。
この歓声があがるたびに選手たちも気が抜けるのか、
その時間帯はすっかり
間延びした雰囲気となっていた。

90分で決着がつかず、ついに延長戦。
準決勝でも120分+PKを戦った日本は、
みるみる足が止まっていくが、
それでもオーストラリアに幾度となく決定機を作られるも
川島の神セーブもあり、得点は入らない。

しかしその均衡をやぶったのは、延長後半4分。
左サイドの遠藤、今野とのパス回しから、
左サイドで勝負をし、
相手DFを抜き去った長友の左足のクロスが、
なぜかセンターでどフリーで待っていた
李忠成の足へどんぴしゃで入り、
またチュンソンがこれまたワールドクロスの
左足でのノートラップボレーで放った矢のようなシュートが
ゴール左に突き刺される。
キャプテン翼的に言えば、
「ゴーーーーーーーーールっ
ゴールキーパー一歩もうごけなーーーい」

夜空に向かって「ちゅんそーーーーーん」
と声がかれるまで叫んだ。
周りの日本人サポーターと抱き合って、喜んだ。

しかしそこからの10分近く。
これが長く辛い10分となる。
ロスタイムでのコーナーキックが2回。
頭をよぎるのは17年前の
あのドーハの悲劇と、準決勝韓国戦。

思わず叫んだ「
おれたちの呪縛を解いてくれーーーーーーー」と。
今思えば意味不明。
でも今の日本代表は危なげなく処理し、
ほどなく主審が右手をあげ、試合終了の長い笛。

見事2大会ぶり4回目の最多優勝を手に入れた。
この場に立ち会えたことがどれだけ
うれしく奇跡的なことか。
妻に迷惑をかけたけど、
来てよかった。
ありがとう。

試合前監督&長谷部キャプテン会見
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201101280008-spnavi.html
試合詳細
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/live/jpn_20110129_01.htm
試合後監督会見
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201101300001-spnavi.html
試合後選手コメント
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/comment/201101300002-spnavi.html

試合後のぐだぐだな表彰式までしっかり見て、
金粉の紙吹雪と割れんばかりの打ち上げ花火を
晴れやかな気分で眺め、サポーターたちと写真を撮ったりしながら、
ひとしきり余韻にひたったあと、会場をあとにした。
仲間とホテルに戻り、お酒がおおっぴらに飲めないこの国で、
ささやかに祝杯をあげた。
これが東京やロンドンだったらどんだけ飲んだんだろうか(笑)
幸せな気持ちを噛み締めたまま、就寝。

昨夜ほとんど寝ていないこともあり、
昼過ぎまでホテルでだらだらと過ごした。
特に予定もないのだけど、同宿の仲間と昼飯を食べ、
その後かの地を訪れた。
17年前に涙をのんだあのドーハの悲劇の舞台アルアハリスタジアム。
地元クラブの練習前だったこともあり、ピッチにまでずうずうしく潜入し、
ほんの少しだけど、ボールも蹴り、シュートも決めてみた。
そこにいたおじさんが、僕らをみてあきれるようにこう言った。

「お前たち。いまさらここにくることはないだろう。お前たちは勝ったんだ。
もう忘れろあのことは。10数年間、日本人が幾度となく来たが、
もうその必要はないだろう。
お前たちは勝ったんだ。昨夜、この地で。」
と。

それはそうだ。そうだが、この先日本人はおそらくこことハリファスタジアムと
ともに訪れることになるだろう。

その後ホテルに帰り、まただらだらと過ごし、8時過ぎに夕食。
このホテルは記者ツアーの方々も宿泊していて、

ちょうどチェックアウトするところだった。
1月4日から約4週間、このなにもない地に
日本代表とともに過ごしたのだそうだ。
披露あるけれども、優勝したことですっかり安堵の顔をしていた。
勝って本当に良かったと。

スポナビの日々是xxでおなじみの宇都宮徹壱氏は彼らとは別だったが、
やはり同じホテルに滞在されていて、
仲間を見送った直後に、宇都宮氏もお見送りをした。
彼らは空港で日本代表とパスポートコントロールで遭遇したそうだ。

何はともあれ、明日の早朝ロンドンへの帰路につく。

写真はこちらへ
http://gallery.me.com/d0982199/100070
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オランダ遠征

2009/09/07 04:08
画像


詳細は、
コチラ

です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4大会連続 FIFA W杯本大会出場!!

2009/06/07 09:38
ウズベキスタンにAWAYで0-1 得点:岡崎

緊張感のない試合だった。
ま、僕たち見ている側の話だけど。

昼間からFC東京サポ仲間が集まって、グダグダ飲んだまま
みんなTV観戦。

シリア審判団の?な判定や、デコボコのピッチの影響なども
予選にふさわしい舞台だったが、我らがJapan Blueはきっちり勝った。

世界最速?で4大会連続の出場を決めた。

うーん。
お見事。ここからあと1年。どーするかがポイントだ。

さて、、、、
南アフリカ・・・・・・行っちゃう〜〜ぅ♪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


2つの記事  原博実と長友のこと 

2009/02/12 13:03
原博実氏が協会強化部門トップに

これは、おもしろいw
これで得点力不足解消??なはずはない。
でも不安・・・・。超攻撃的イケイケ代表・・・・。
みてみたいけど・・・・・・・・・汗


俊輔ピッチ上で長友一喝「何で最後、急いで縦に行く」…W杯アジア最終予選

ふむふむ

たしかに。ミスが目立ちましたな。
縦に急ぐのは良くないけど、追い越してスペースを作る動きはもっと作っても良かったのでは?
右の内田があがるから難しいんだろうけど。
長友は田中くんにもなんか言われてたね。これで終わんなよ。
長友!!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3次予選 最終戦

2008/06/22 21:32
やはり今日は、圧倒的な勝利で終わってほしかった。
紆余曲折あっても、ホームでしっかり勝って、9月からの最終予選に
向かってほしかった。

言い方を変えれば、最終予選までに攻撃に関して
もっとテコ入れしないといけないということ。
Jリーグでしっかり結果を出して、新戦力の発掘も含めて
もう一度しっかりいい準備をして、望もう。

今回は、オーストラリアか韓国のどちらかと必ず戦うことになる。
できれば韓国とガチンコでやってほしいけど。
オーストラリアのほうが強いよね・・・・。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ばれちゃった 代表召集:赤嶺 と U23代表召集:大竹

2008/04/22 15:24
うちの秘蔵っ子たちが、ついにばれちゃいました。

二人とも代替要員とはいえ、代表候補とはいえ、
新しいフィールドでいろんなことを経験して、
大きくなって帰ってきておくれ。

特に大竹くんにとっては、もしかしたら2大会五輪出場?なんてことも
ありえます。デカノッポくんなみに??(笑)

クラブでコンスタントに結果を出す。
代表召集が必ずしもプラスではなくなってきた時代に
日本もたどりつきつつある昨今ですが、
他チームのトップクラスの選手たちとしのぎをけずることや、
新しい指導者にめぐり合うことは、絶対にプラスになります。
たとえそれが、自分と会わない人だとしても、あーこういう人はあわないんだと
分かればそれも経験です。

期待しちゃいます。
どこかのブログにもありましたが、前回アテネのころは、
東京にとって代表なんて遥か遠くのことでした。
それが五輪代表に呼ばれ、チームも勢いがあったから、
加地・石川・モニ・土肥とあっという間に代表だらけのチームに変わっていった。

あれから5年?選手たちもクラブも代表との距離に関するノウハウもずいぶんついてきたでしょう。
監督は、むしろ協会側だったわけだし。

そういう意味でも怪我だけに気をつければ、あとはなんとかなる・・・はず。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平山相太選手(前所属:ヘラクレス/オランダ)新加入のお知らせ

2006/09/10 18:31
FC東京公式HPより。

入団したからには、歓迎しますし、応援します。

03年のFIFAワールドユースUAE大会での記憶が
強烈だけど、あれから3年。
オランダ1部リーグで8得点でチーム得点王。

その得点力をぜひ東京に生かしてほしい。

東京のFW陣は、スペースに飛び出す選手が多い中で、
待望のポストプレーヤーが誕生するわけだから、
DF陣から放り込みポンポンサッカーなんてつまらんサッカーではなく、
サイドから彼の高さを生かしたポストプレイをシャドーなり2列目が
しっかりと決められるようなチームになってほしい。

当然ワシントンも赤嶺もいるわけだし、チーム内競争を
勝ち残って、レギュラーは自分で勝ち取れ。

しかしハートが弱い選手がまた一人増えたな。
ドゥンガみたいな人に、根性たたき直してほしいな。

ついでに僕jのハートも(笑)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


平山 東京に入団??

2006/09/10 10:05
コレ

あら。
出場機会・・・・。なめられたもんだ。


でも事実。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


はぁ〜 vs甲府

2006/09/09 23:49
はぁ〜。

もう書く気がないです。

弱い。弱すぎる。

甲府は、終始ラインを高く保ち、コンパクトな中盤が崩れなかった。

一方、東京は前半、そのラインを下げるべく、DFの裏を狙うも、

ことごとく、パスもロングフィードも悪い。

トップのルーカスにボールが入っても、甲府の早いチェックと、

相変わらず動かない周りのおかげで、すぐにボールを奪われるか、

苦し紛れのパスをカットされ、カウンター。

これで、ジャッジの不運もあるが、3点を失う。

後半は、選手を代えて、前線の活性化を図るも、

徳永と梶山のふがいなさで、勢いが消えてしまう。

なんなんだ。この二人は。という情けなさ。

甲府は、セーフティリードもあり、攻めて来ないのだから、

もう少し考えれば良いのに。

ルーカスが1点返すも、結局1−3で3連敗。

とはいえ、試合終了後に甲府の選手が倒れこむのを見ると、

甲府にとっては、東京に走らされていたことが分かる。

でも、まったく走れなかった徳永が、腰を落としたことにあきれた。

コンディションが悪いのか?

しかしこれではっきりした。ガーロ前監督が悪いのではないのだ。

結局は、選手のメンタルが弱いからだ。

倉又さんの采配なんて、はっきり言ってひどすぎる。

原元監督の遺産。懐古主義としか思えない。戸田。好きだけど、

あれだけボールが足に付かないなら、まだ使うべきではない。

信男の献身的なプレーとボールコントロールを見ると、比べるべきもない。

馬場。この選手は、いつまで前世代的なファンタジスタを演じ続けるのだろう。

ひとりよがりなプレーには辟易とする。

何も変わってない。横パスが減って、縦に走る回数が増えたから、

元ガーロ解雇派にとっては、満足なのか?

僕は、つまらない。このサッカーは、去年の時点でJリーグで通用しないことが

証明されているからだ。

倉又監督就任第1戦は、ガーロ+縦だったから、楽しかった。

でも3連敗の今は、チームとしてのコンセプトがない。

信じるしかないのだが。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オシムジャパン初公式戦 vsイエメン戦

2006/08/16 21:40
今日は、BS1で観戦。
解説は、原さんと山本さん。

ぐだぐだな前半。
はっきり言ってつまらなかった。
先日のトリニダード・トバコ戦で感じたものと同じ。
まわりが言うほど、走れてないし、ボールも回らない。
みんなこれのどこが、オシムサッカーだと思うの?
って感じ。
案の定、オシムは、頭かかえたり、首を振ったり、
左手をあげたり。
そりゃそうだ。

原さんのコメントは、「もっと早く。前へ」
・・・・。??去年のトーキョーかww

でも後半のオシム采配は、さすが。
運動量が落ちている駒野を下げて、2バック気味にして、
羽生を入れることで、中盤が見事に活性化。
遠藤と羽生がバイタルエリアでキープしたり、はたいたり、と
スペースを作る動きをすることで、ALEXや加地が中に入ることが
達也の飛び出しもあり、攻めの形ができた。
どん引き相手にも、ムービングフットボールの片鱗が見れた。

勝ち点3は取れたものの、実際はイエメン手ごわしという
印象を日本は持ってしまったんではないだろうか。

リーグ戦しかも次節からawayの連戦。
若いチームは、これをのりこえていけるか?




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
そして誰もいなくなった。 <代表発表
日本代表メンバー AFCアジアカップ2007予選(対 イエメン代表、8/16@新潟スタジアム)(06.08.13) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/13 12:16
オシム
オシム ずいぶん更新サボッてます。 ソウル遠征は、また後日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 00:25
ナカタヒデトシ
おそらく日本中で、いま自分と同じように、 ブログやら掲示板やら、プロの記事やらを 書いているところだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/03 23:49
ドイツワールドカップ旅行の日記@ 6/16〜6/21
各日付をクリックしてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 17:23
vsクロアチア戦
試合内容は、皆さんが見たとおり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 04:32
ドイツより雑感
天気  とにかく暑い。夏時間ということもあるのだろうけど、  夜10時ころまで明るい   →選手が足が止まるのも同情はできる。。。 チケットのこと  意外と手に入る。相場は、EUR200.-前後といったところ。  もちろんカードによるけど。  買うなら、ドイツ人からが一番安いらしい。 チケットチェック  ほとんどノーチェック。パスポートチェック?  さてなんことやら。 治安  油断すりゃやられるわな。そりゃ。普通の海外旅行と  同レベル。目の前でひったくりを目撃。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 04:29
『excite×ULTRAS CAFE』 @Bonn
『excite×ULTRAS CAFE』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 15:06

トップへ | みんなの「日本代表」ブログ

芝生の匂い 日本代表のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる