芝生の匂い

アクセスカウンタ

zoom RSS 追うものと追われるもの

<<   作成日時 : 2008/11/03 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週東京は、挑戦者として王者鹿島相手に渾身の力で、
今季最高とも言えるパフォーマンスで見事勝利を収めた。

そして今日は、天皇杯4回戦でJ2ベガルタ仙台と対戦。
終わってみればロスタイム平山の逆転弾で辛勝。

相手は昇格を目指すリーグ終盤の大一番を残していて、
必ずしもベストメンバーではないように見えた。

が、前半から走る走る。局面局面での寄せや、サイドでの押し込み。
素晴らしい。きっとかつての東京がそうであったように。
一方東京は詰められるから蹴るしかなく、蹴るから拾われて、また走られる。
そんなゲームが続く。仙台が点を決めきれないがゆえに、救われるが。
これがJ1トップクラスの違いといえばそうなのだけど。

東京もやられっぱなしではない。
梶山が強烈なドライブのかかったミドルを放ち、
キーパーが間一髪触れクロスバーに当たって、
ライン割ったように見えたボールを平山は見逃さなかった。
まさにボールはまだ生きていた。落ちてきたボールをしっかり押し込み先制。

そういうゲーム展開だが、勝った。

たった一週間で追う立場から追われる立場に。
でも今年の東京は違うと言いたい。 勝ったのだ。
試合後の選手の悔しそうな顔。
イケイケが、平山にシャーを要求するも、断った平山。
2得点の活躍はシャーに値するはずだが、断った。
まるで負けたかのような選手たち。

その気持ちに声援で応えるよ。
勝とう!リーグ4試合と天皇杯!
行こうアジアへ!

来週は、万博だ。
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
追うものと追われるもの 芝生の匂い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる