芝生の匂い

アクセスカウンタ

zoom RSS レフリーとの距離

<<   作成日時 : 2007/12/03 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕は、サッカー4級審判の資格を持っている。
今日は、更新講習会を受講してきた。

数年前にJリーグを見始めたころ、
ゴール裏観戦で審判批判をよく口にしていたが、
観戦仲間から、この角度からジャッジが正しいかどうか
わからないだろ。と言われたことがある。

これには、同意しかねることがある。
別に正しいかどうかなんてことは、重要ではなく、
自分の応援しているチームが不利な状況はすべてにおいて
NOなのだ。応援するものとしての立場は。
公平・公正なんてのは、どーでもいい。と思っている。

ただ、それはチームを応援するものとしての
僕のスタンスだ。
それとフットボールを正しく理解することは異なる。
年々冷静に、かつフットボールを見ようという視点が
増えてくると、レフリーとは?ということを考えるようになり、
2005年に4級資格を取得した。
このときの講習会で説明してくれた講師は1級審判で、
Jリーグではないものの、JFLレベルで主審をしている方だった。

Jリーグのビデオを見ながら、個別に状況を説明してくれた。
確かに、意見が分かれることもあると。
Jリーグなどは、インスペクターによって必ず時間をかけて、
判定を確認していくらしい。
そういうことをきちんと学ぶとまた見方が変わってくる。
最近は、審判の目で、試合を見ていることもある。
そういう時は、ゴールした際もすぐ副審を確認するし、
試合中も、主審の位置を確認していることもある。
こういうときは、審判の判定に対し、特にコメントはない。
というか、コメントはできない。審判団にしか正解はないから。

ただ、試合が盛り上がり、チームをサポートしたい時には、
審判批判もする。

公正・公平なんてことはどーでもいいのだ。
審判団は、17条のルールどおりに試合を運営をすればいい。
サポータは、好き勝手に応援すればいい。
正解なんてないはず。ただそこにピッチとゴールとボールと
22人の選手と4人の審判がいる。
ただそれだけ。

This is football.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レフリーとの距離 芝生の匂い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる