芝生の匂い

アクセスカウンタ

zoom RSS 悔しい。こんなに悔しいのは、久しぶり vs大宮アルティージャ

<<   作成日時 : 2006/05/07 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

一晩たっても悔しい。

前半は、まぁいいゲームだった。

  赤嶺  川口
    ルーカス
 宮澤     梶山
     今野
鈴木 茂庭 ジャーン 徳永
     土肥

最近固定化されつつスタメン。
入り方も悪くは無かったが、
茂庭が怪我で、増嶋と交代することで、
試合のペースに変化が出てくる。
決して増嶋が悪かったわけではないと思うのだが、
ジャーンが森田のマーク、増嶋がグラウのマークに付くと、
DFラインが少しずつ下がり始めた。
おそらく増嶋がスイーパー的な守備を好むからだろう。
ただ、試合では初めてジャーンと増嶋が組むのは初。
前半は、ラインは少し下がるものの守備は安定していた。
ここで、点を決められない前線が後半の悲劇を招く。

後半に入り、大宮が、2人を変えてくる。
三浦監督曰く「FW桜井とMF斉藤を入れて、桜井をトップ下に置いた。
前半はFW森田とFWグラウのサポートが遠すぎたので、
トップ下に1人置くべきだと考えた。」
これで、大宮の中盤がダイヤモンド型になることで、
東京はマーカーが変わったことで、混乱する。
ボールの出し手が分からないので、ボールの貰い手に向かって
無駄走りが多くなり、どんどん疲労が増していく。
宮澤はすぐに消え、梶山も足が止まることで、今野が下がらざるを得なくて、
結局、7バックみたいな状態になる。
赤嶺を下げてリチェーリを入れ、川口に代えて伊野波を入れる。
これにより、こんな形になる。ちょっと現実的に書いてみた

          リチェーリ

     ルーカス
        梶山
  宮澤   今野  伊野波   
鈴木  茂庭  ジャーン  徳永
        土肥

要は、リチェーリが前で残りは守備に忙殺。
これでどうにもならなくなる。
裏のスペースに飛び出していく能力はあるが、
キープ力はまだまだのリチェーリ。
東京がルーズボールを拾って前線に入れても、
キープできないからどうにもならない。
簡単にボールを奪われて、カウンター。
なぶり殺し状態から、ついに後半30分過ぎに
CKから冨田に入れられ、ロスタイムに小林大吾のFKを直接決められ
THE END

采配もGW連戦の中でリチェーリを入れたい気持ちは分かるけど、
甲府ほどDFが高い位置にいない大宮に対し、リチェーリはいまいちだった。
試合運び(1点リード)ということを考えるなら、阿部ちゃんや、
守備にも献身的な戸田の復帰戦のほうが、良かったかな。
でもこれは、去年以前を見ている僕らの願望。
とはいえ、こういう試合展開ならササ>リチェーリだな。
3枚目のカード、伊野波を入れて守備を落ち着かせるのは、
まー仕方ない。
ただ、逃げ切り目指す東京は、やはり現時点でもムリだというのが
はっきりした。
ここは、今後上のステップを目指すうえでも、1点を守りきるという
まさにポゼッションで試合を支配する方法を今後確立してほしい。
原東京ではできなかったことだから。

あとは、選手達が「勝ちたい!」という気持ちが少なすぎるって
ことだろう。
メンタルをきっちり鍛えてこい!!!!!!

くそ〜〜〜、
大宮に負けたというより、自分達に勝ててないんだよ〜〜〜。
お前ら〜〜〜。くそ〜〜。

く〜〜〜〜〜そ〜〜〜〜〜〜〜〜。
常勝軍団じゃないから、負けるのは仕方ないけど、
少なくとも相手に負けろよ。自分自身に負けるなよ〜〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>自分自身に負けるな・・
ホンとにそうですね。
気持ちで負けて欲しくないです。
koma
2006/05/12 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
悔しい。こんなに悔しいのは、久しぶり vs大宮アルティージャ 芝生の匂い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる